トレーニング内容

  1. 1
    ストレッチ
    ストレッチストレッチにより関節の可動域を広げると共に筋肉を伸ばします。
    柔軟性を高めることは運動能力 の向上だけでなく、怪我防止に繋がります。
  2. 2
    ロープ
    まずはウォーミングアップと足首の柔軟性をを目的として。
    ロープは心肺機能、リズム感はもちろん、足首・ふくらはぎ・太ももなど下半身の筋肉をほとんど使いますので引き締めに効果があります。

  3. 3
    シャドーボクシング
    シャドーは大別すると【鏡を確認しながらフォームのチェックをするシャドー】と、鏡を使わない【頭で相手をイメージし、動きながら攻撃、防御を取り入れながらのシャドー】の2つに分けられます。
    両方のシャドーを数ラウンド掛けて丁寧にこなしましょう。
    やり方やフォームなどは、もちろん丁寧に指導させていただきます!

  4. 4
    サンドバッグ打ち
    ボクシングのトレーニングの代名詞?
    シャドーで作ったフォームやイメージを、実際に叩きながら確かめましょう。
    最初は力まず正しくナックルを当てる事や距離感を重視して打ちます。
    体力強化・ストレス解消にピッタリです。

  5. 5
    ミット打ち
    トレーナーがミットを持ちながら動く事で、実戦に近い形での練習が可能です。
    トレーニングの中でも楽しいと思える動きです。
    色々なコンビネーションを試す事が出来ます。

  6. 6
    マスボクシング
    実際に相手と向き合う実戦練習です。
    当ジムのマスは原則当てませんので初心者でも楽しんでする事が出来ます。

  7. 7
    スパーリング
    選手希望者で会長が認めた方のみスパーリングする事が出来ます。
    最初はジャブのみ、ラウンドも2Rと怪我の無い様に段階を付けて実力を付けて行きます。

  8. 8
    筋トレ
    筋トレ脚・ウエスト・背中・ヒップ胸・腕・肩・背筋とパーツ毎に鍛えます。
    昔の様な「ひたすら起き上がる」腹筋等では無く自重で負荷を掛け少ない回数で行います。
    もちろん大切な体幹トレーニングも行います。
  9. 9
    エアロバイク・ルームランナー
    ルームランナー無理なく長時間できるトレーニング。アップやクールダウンに使うのもいいです。
    体力強化・ダイエット目的の方は最初は距離を5km 10分目標でバイクを廻します。
    ルームランナーは体力に併せて距離・スピード・時間を設定してウォーキングからランニングまで使用出来ます。
  10. 10
    ストレッチ
    疲れ、筋肉痛を防ぐためにも最後にもストレッチをしっかりやります。

設備紹介

ジム正面 ジム正面
サンドバッグ サンドバッグ
リング リング
パンチングボール パンチングボール
ダンベル・鉄アレイ等 ダンベル、鉄アレイ等
ミット・サンドバッグ用グローブ ミット・サンドバッグ用グローブ
マス・スパー用グローブ マス・スパー用グローブ
エアロバイク エアロバイク
ルームランナー ルームランナー
腹筋台 腹筋台
水素水 水素水
男子トイレ 男子トイレ
女子トイレ 女子トイレ
女子シャワー室 女子シャワー室
女子更衣室 女子更衣室